[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

「Servlet」と「JSP」の違い

スポンサーリンク

予備知識


用語意味
Java「一度書けば、どこでも動く」の理念で作られたプログラミング言語で「オブジェクト指向」という言葉を流行らせた奴
WebサーバホームページWebサービスを置くサーバサービスを提供するコンピュータ)
HTMLファイルホームページ(の中の1ページ)

それぞれの用語の意味


用語意味
ServletWebサーバ上でお仕事をするJavaのプログラム
JSPWebサーバ上でお仕事をするJavaのプログラムで、HTMLファイルとJavaのプログラムが合体したもの

似ているところ


どちらも、Webサーバ上で動くJavaのプログラムです。


「Servlet」と「JSP」の違い1

違うところ


プログラムの書き方が違います。
Servletは、ガッツリとJavaのプログラムっぽい書き方をします。
それに対して、JSPは、PHPっぽい書き方というか、HTMLファイルの中にJavaのプログラムが埋め込まれたような書き方をします。
例えば、以下のような書き方です。

<html>
<head><title>はろーわーるど</title></head>
<body>

<h1>はろーわーるど</h1>

<%
    String word1 = "Hello World!";
    out.println(word1);
%>


</body>
</html>


Javaのプログラム部分は

<%
    String word1 = "Hello World!";
    out.println(word1);
%>


です。
あとはHTML部分になります。

逆に言うと、ServletとJSPの違いは書き方だけです。
実際にお仕事をするときの姿は同じです。
JSPは、お仕事の依頼が来ると「サーブレットコンテナ」と呼ばれるServletを動かすソフトによってServletに変換され、Servletとしてお仕事をするのです。


「Servlet」と「JSP」の違い2

そんな感じなので、JSPとJava Servletは、同じといえば同じです。
単に

1.プログラムの作り方が違う
2.お仕事が始まるときの手順が違う


だけですよ。
「1.」に関しては、Servletが普通のJavaっぽい書き方になるのに対し、JSPはPHPっぽい書き方になります。
「2.」に関しては、JSPはお仕事が始まるときに、Servletに変身する工程が発生します。
それ以外、実際にお仕事をしているときの姿は同じ(どちらもServlet)です。


スポンサーリンク