[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

「ONU」と「メディアコンバータ」の違い

スポンサーリンク

予備知識


用語意味
LANケーブルインターネットするときにパソコンに繋ぐ線

それぞれの用語の意味


用語意味
ONUピカッ!な光を線(LANケーブル)の中を通れる電気信号に変換したり、線の中を通ってきた電気信号を光に変換する機械
メディアコンバータ銅線と光ケーブルのように種類の違う線の仲を取り持つ装置

似ているところ


どちらも信号の変換を行う機械です。


違うところ


捉え方によって、同じ物と見なすこともできますし、違う物として区別することもあります。

メディアコンバータは、線Aと線Bの間に設置することにより

・線Aから来た信号→線Bを通れるように変換
・線Bから来た信号→線Aを通れるように変換


のお仕事をする機械です。


「ONU」と「メディアコンバータ」の違い1

一方のONUは、LANケーブルの中を通る電気信号と光ケーブルの中を通る光信号の変換を行う機械です。


「ONU」と「メディアコンバータ」の違い2

素直に解釈すれば「ONUはメディアコンバータの一つである」と言えるでしょう。

ただし「ONU以外の、光と電気の変換を行う装置」を意図して「メディアコンバータ」と表現する場合もあります。
ONUと同じようなお仕事をするけど、ONUとは中身の構造が違うものを「メディアコンバータ」と呼称するのです。
その場合は、ONUとメディアコンバータは違うものと言えるでしょう。

あるいは、ONUを「光回線終端装置」の名前の通り「光回線の終端に取り付ける装置」と定義づけることもできます。
ONUをそのように解釈すれば「信号を変換する装置」であるメディアコンバータとは、根本的に別のものと言えます。

言葉遊びに近い側面もありますが、それぞれの用語をどのように解釈するかによって「何が違うか?」も変わってくると思います。


スポンサーリンク