[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

「ファイルサーバ」と「NAS」の違い

スポンサーリンク

予備知識


用語意味
ファイルコンピュータの世界における「書類」
サーバサービスや機能を提供する側のコンピュータ
ハードディスクファイルなどのデータ保管場所
外付けハードディスク着脱自在でパソコンさんの中を開けないでくっつけられるハードディスク

それぞれの用語の意味


用語意味
ファイルサーバ皆で見られるファイル置き場になっているサーバ
NASネットワークを経由して使える外付けハードディスク

似ているところ


どちらもネットワークを経由して使えるファイル置き場です。
ネットワークに所属するパソコンさんが、自由にファイルを置いたり見たりできます。


違うところ


ファイルサーバは、どちらかというと「役割」を表す言葉です。
例えば、普通のパソコンさんをネットワークの他のパソコンさんたちから見られるようにして「このパソコンをファイル置き場にしようぜー!」と決めたとしましょう。
この場合、普通のパソコンさんがファイルサーバになります。
その気になれば他の用途にも使えるパソコンさんに、ファイルサーバという役割を与えています。

それに対して、NASはファイルサーバの役割をするために作られた「物」です。
ネットワークを経由してみんなで使える外付けハードディスクがNASです。

「役割」を表す用語と「物」を指す用語の違いですね。

ただし、ちょっとややこしいことに「ファイル置き場として使うことを想定して調整したコンピュータ」を指して「ファイルサーバ」と言う場合もあります。
この場合はファイルサーバも「物」になってしまいます。

物としてのファイルサーバとNASを比較する場合は、ファイルサーバが「コンピュータ」でNASが「ハードディスク」と捉えると、違いが分かりやすいと思います。


個人的な使い分け


「ファイルサーバ」という表現は「ファイル置き場になっているコンピュータ」の意図で「ファイル置き場」を強調したいときに使っています。パソコンだろうとNASだろうと、ネットワーク経由で使えるファイル置き場は、すべて「ファイルサーバ」です。

「NAS」はNASです。
「ファイルサーバの用途としてネットワーク経由で使える外付けハードディスク」を意図して使います。


備考


「ファイルサーバ」に役割としての意味と物としての意味があるので、分かりづらいのかもしれませんね。
例えば

ファイルサーバとして使う場合、ファイルサーバとNASでは、どちらが良いのでしょうか?

なんて言い回しがあります。
これは

ファイルサーバとして(の役割で)使う場合、ファイルサーバ(用に調整されたコンピュータ)とNAS(というネットワーク経由でファイル置き場として使えるハードディスク)では、どちらが良いのでしょうか?

という意味になります。


スポンサーリンク