[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

「リバースプロキシ」と「ロードバランサ」の違い

スポンサーリンク

予備知識


用語意味
サーバサービスや機能を提供する側のコンピュータ
WebサーバホームページWebサービスを置くサーバ
Webブラウザインターネットを見るときに使うソフト
負荷分散(負担を軽くするために)処理を分散すること

それぞれの用語の意味


用語意味
リバースプロキシWebサーバさんの身代わりになってホームページを返してくれるサーバさん
ロードバランサ(負担を軽くするために)処理を振り分ける誘導係

似ているところ


物としては別ものです。
ただし、Webサーバを複数用意することにより、リバースプロキシを使って負荷分散を行うことも可能です。


「リバースプロキシ」と「ロードバランサ」の違い1

そのため「どちらも負荷分散を行うときに使うもの」と解釈することもできます。
リバースプロキシの役割は負荷分散だけではありませんけどね。


違うところ


用語の意味としては、まったくの別ものです。
「Webサーバさんの代わりをしまっせ~」がリバースプロキシです。
「負荷を分散しまっせ~」がロードバランサです。


スポンサーリンク