[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

「ルートヒント」と「DNSフォワーダ」の違い

スポンサーリンク

予備知識


用語意味
DNSIPアドレスドメイン名の紐付けをしまっせシステム
DNSサーバIPアドレスとドメイン名の紐付けを管理したり、IPアドレスとドメイン名の変換を行ってくれるサーバ
フルサービスリゾルバ他のDNSサーバさんに答えを教えてもらいに行くDNSサーバさん
権威DNSサーバ自分の管理している情報を教えてあげるのがお仕事のDNSサーバさん
DNSルートサーバ権威DNSサーバの頂点に君臨する元締め。フルサービスリゾルバが、最初に問い合わせに行くDNSサーバ

それぞれの用語の意味


用語意味
ルートヒント「DNSルートサーバさんはどこにいますよ~」な情報(ヒント)
DNSフォワーダDNSサーバさんの、問い合わせの転送先を指定する機能

似ているところ


どちらも、DNSサーバさんが自分で問い合わせを解決できないときに「どこに頼るか」を示す情報です。


違うところ


頼り方が違います。

ルートヒントは「答えを教えてください」と訊きに行く先の情報です。
最初のお問い合わせ先(DNSルートサーバ)の情報が書かれています。
ルートヒントには、自らの力で答えを探し求める際に、お世話になります。
このときの心意気は「答えは自分で探し出す!」です。

一方のDNSフォワーダは「答えを調べてきてください」とお願いしに行く先の情報です。
作業の委託先、もっと率直に言えば、丸投げ先の情報が書かれています。
DNSフォワーダには、他力本願で仕事を丸投げするときに、お世話になります。
このときの心境は「あとは任せた!答えを探してきてくれたまえ!」です。


スポンサーリンク