[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

「ベストエフォート型」と「ギャランティ型」の違い

スポンサーリンク

それぞれの用語の意味


用語意味
ベストエフォート「うん、まぁ、できる限り頑張るよ」ってこと
ギャランティ「おぅ、そこのところは保証するぜ」ってこと

似ているところ


どちらもサービスの提供方法に関する用語です。
主に通信関係で登場します。


違うところ


保証するかしないかの違いです。

ベストエフォート型で提示される数値や内容は、あくまで「努力目標」です。実現できるように頑張りますが、実現できなくても責任は取りません。


「ベストエフォート型」と「ギャランティ型」の違い1

例えば、インターネットの接続関連はベストエフォート型のサービスです。
サービスを提供してくれる人たちは、いつも繋がるように、いつも一定の速度が出るように日々頑張ってくれています。
でも、仮にインターネットが繋がらなくなったり、ホームページの表示が遅くなったりしても、なんの保証もしてくれないですよね?
それがベストエフォート型です。

それに対して、ギャランティ型は「契約」です。言ったことに対して責任を持ちます。


「ベストエフォート型」と「ギャランティ型」の違い2

備考


当たり前ですが、ギャランティ型の方が安心感はあります。
ただし、料金については、ギャランティ型の方がベストエフォート型よりお高いのが一般的です。


スポンサーリンク