[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

「ファームウェア」と「デバイスドライバ」の違い

スポンサーリンク

予備知識


用語意味
ハードウェアコンピュータのうち蹴っ飛ばせる部分のこと
ソフトウェアコンピュータのうち蹴っ飛ばせない部分のこと
デバイスコンピュータにくっつける部品(機器)

それぞれの用語の意味


用語意味
ファームウェアハードウェアの中に住んでいる、そのハードウェアを動かすためのソフトウェア(プログラム
デバイスドライバコンピュータにガショーン!ってくっついたデバイスさんを動かすために必要なソフト

似ているところ


どちらもハードウェアを動かすためのソフトウェアです。
人間様の命令をハードウェアに伝えて「おらおら、働けー!」とお尻を叩くために存在します。


違うところ


一番分かりやすい違いは、住んでいるところです。
ファームウェアさんは、くっつけた部品に住んでいます。
それに対して、デバイスドライバさんは、パソコン本体に住んでいます。

例えば、とある部品をパソコンAからパソコンBに移動したとしましょう。


「ファームウェア」と「デバイスドライバ」の違い1

このとき、ファームウェアは部品と一緒にパソコンBに移動します。
住んでいるのが部品の中ですからね。


「ファームウェア」と「デバイスドライバ」の違い2

それに対し、デバイスドライバはパソコンBには移動しません。
住んでいるのがパソコンの中ですからね。


「ファームウェア」と「デバイスドライバ」の違い3

ファームウェアは部品と一緒に移るので気にする必要はありませんが、デバイスドライバは改めてパソコンBに入れてあげる必要があります。


スポンサーリンク