[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

「シングルコア」と「マルチコア」の違い

スポンサーリンク

予備知識


用語意味
シングル「1つ」の意味
マルチ「複数(2つ以上)」の意味
CPUパソコンさんの脳みそ
コアCPUの脳みそ

それぞれの用語の意味


用語意味
シングルコア1つのCPUの中にコアが1つある状態
マルチコア1つのCPUの中にコアが複数ある状態

似ているところ


どちらも、CPUの中にあるコアの数を表現する用語です。


違うところ


コアの数が違います。
シングルコアは、コアが一つだけある状態を指す用語です。


「シングルコア」と「マルチコア」の違い1

マルチコアは、コアが複数ある状態です。


「シングルコア」と「マルチコア」の違い2

備考


マルチコアに分類されるものとしては「デュアルコア(コアが2つ)」「クアッドコア(コアが4つ)」「ヘキサコア(コアが6つ)」「オクタコア(コアが8つ)」があります。2015年2月現在の主流はクアッドコアです。ヘキサコア、オクタコアは将来的に普及していくでしょう。これから先、もっとたくさんのコアを持つCPUも登場するかもしれません。


スポンサーリンク