[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

「CPU」と「GPU」の違い

スポンサーリンク

予備知識


用語意味
グラフィックボードパソコンに装着する部品で、画面表示のスペシャリスト
マザーボードパソコンさんの中で一、二を争うくらい大事な部品
オンボード「マザーボードにくっついてるよ」のこと
オンボードグラフィックマザーボードに直接くっついているGPUのこと

それぞれの用語の意味


用語意味
CPUパソコンさんの脳みそ
GPU画像に関する処理を主に担当するパソコンさんの部品

似ているところ


どちらも、パソコンさんの部品(半導体チップ)です。


違うところ


役割が違います。
CPUは、パソコンさんの脳みそに匹敵します。パソコンさんにあれやこれやのお仕事をさせるために必要です。


「CPU」と「GPU」の違い1

一方のGPUは、画像に関する処理の中心となる部品です。こいつが無いと、画面が映りません。


「CPU」と「GPU」の違い21

備考


Central Processing Unit(セントラル・プロセッシング・ユニット)」の略で「CPU」です。
Graphics Processing Unit(グラフィックス・プロセッシング・ユニット)」の略で「GPU」です。

GPUはグラフィックボードの中心となる部品です。ただし、最近はオンボードグラフィックという形でマザーボードにGPUが直接くっついていることも多いです。オンボードグラフィックの場合は、グラフィックボードが無くても画面が映ります。マザーボードにくっついているGPUがお仕事をしてくれるからです。オンボードグラフィックじゃない場合は、グラフィックボードが無いと画面が映りません。お仕事をしてくれるGPUがいないからです。


スポンサーリンク