[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

「文字コード」と「文字エンコード」の違い

スポンサーリンク

予備知識


用語意味
エンコードデータを他の形式へ変換すること

コンピュータさんの世界には数字の0と1としかありません。
人間様が「あ」と入力しても、コンピュータさんは理解できないのです。


「文字コード」と「文字エンコード」の違い1

そこで、コンピュータさんには、文字を数字として扱わせています。

例えば、人間様が「あ」と入力したとしましょう。

この「あ」は数字の「00000001」に変換されてコンピュータさんに伝えられます。


「文字コード」と「文字エンコード」の違い2

反対に、コンピュータさんからのお返事「00000011」は「う」に変換されて、人間様に伝えられます。


「文字コード」と「文字エンコード」の違い3

このように数字と文字を変換することで、数字しか分からないコンピュータさんに文字を扱わせているのです。

※「00000001」と「00000011」は、説明のための適当な数字です。実際のコンピュータさんでは違う数字が割り当てられています。


それぞれの用語の意味


用語意味
文字コード文字に割り当てられた数字
文字エンコード文字とコード(数字)の対応表、もしくは、使用する対応表を切り替えること

似ているところ


どちらも、文字に割り当てられた数字に関する用語です。


「文字コード」と「文字エンコード」の違い4

違うところ


文字コードは「文字に割り当てられたコード」です。数字そのものを指します。文字エンコードは「文字に割り当てられたコードの対応表」です。「どの文字にはどの数字が割り当てられていますよ~」な文字と数字の関係性です。
よく分からなければ、文字と数字の対応表が文字エンコードで、その中に書いてある一つ一つの数字が文字コードだと思っても構いません。


「文字コード」と「文字エンコード」の違い5

個人的な使い分け


UTF-8」や「Shift-JIS」のように、コード体系を指す場合、もしくはそのコード体系を変更する作業を指す場合は「文字エンコード」を使っています。「A」には「65」のように、文字に割り当てられた数字そのものを指す場合は「文字コード」と呼んでいます。

とはいえ、そこまで厳密には使い分けていないですけどね。
コード体系を指して「文字コード」と呼ばれている場合も多々あるので、神経質にならなくても良いと思います。
普通の使い方であれば、どちらを使っても、前後の文脈から意味は通じます。


スポンサーリンク