[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

「P2V」と「V2P」と「V2V」の違い

スポンサーリンク

予備知識


用語意味
仮想マシンコンピュータの中に作られた、なんちゃってコンピュータ

世の中には、二種類のパソコンさんがいます。
普通のパソコンさんと、パソコンさんの中に作られたなんちゃってパソコンさんです。
この、なんちゃってパソコンさんを、専門用語で「仮想マシン」と言います。


「P2V」と「V2P」と「V2V」の違い1

それぞれの用語の意味


用語意味
P2V普通のパソコンの中身を、パソコンの中に作られたなんちゃってパソコンの中に移動すること
V2Pパソコンの中に作られたなんちゃってパソコンの中身を、普通のパソコンの中に移動すること
V2Vパソコンの中に作られたなんちゃってパソコンの中身を、別のなんちゃってパソコンの中に移動すること

似ているところ


すべて、仮想マシンを対象としたデータ移動に関する用語です。


違うところ


データの移動元と移動先が違います。
普通のパソコンから、なんちゃってパソコンに移動することを指す用語が「P2V」です。


「P2V」と「V2P」と「V2V」の違い2

反対に、なんちゃってパソコンから普通のパソコンに移動することは「V2P」と表現します。


「P2V」と「V2P」と「V2V」の違い3

なんちゃってパソコンから別のなんちゃってパソコンに移動するのは「V2V」です。


「P2V」と「V2P」と「V2V」の違い4

備考


Physical to(→2) Virtual」で「P2V」です。同様に「Virtual to(→2) Physical」で「V2P」、「Virtual to(→2) Virtual」で「V2V」となります。


スポンサーリンク