[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

「IPフォワーディング」と「ポートフォワーディング」の違い

スポンサーリンク

予備知識


用語意味
フォワーディング何かを転送すること
IPインターネット通信用のお約束事
パケット通信用に細切れにしたデータ
IPパケットIPってお約束事に従って通信するときにやり取りされるデータ
ポート機器との「接続口」

それぞれの用語の意味


用語意味
IPフォワーディング受け取ったIPパケット(通信用に細切れになったインターネットのデータ)を別の経路へ送り出してやること
ポートフォワーディング特定のポートにやってきたデータを別のコンピュータに向かって送り出してやる

似ているところ


どちらも、データの転送に関する用語です。
右から来たデータを左へ送り出してやります。


「IPフォワーディング」と「ポートフォワーディング」の違い1

違うところ


仕組み自体は全然別ものです。相関関係はありません。
IPフォワーディングはIPパケットの転送を意味する用語です。転送する「物」がIPパケットである、というのがポイントです。
一方のポートフォワーディングは、特定のポートに届いたデータの転送を意味する用語です。転送する「条件」が特定のポート(に届いたデータ)、というのがポイントです。


スポンサーリンク