[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

「シングルスレッド」と「マルチスレッド」の違い

スポンサーリンク

予備知識


用語意味
スレッドプログラムの処理の実行単位(の一つ)
シングル「1つ」の意味
マルチ「複数(2つ以上)」の意味

それぞれの用語の意味


用語意味
シングルスレッド処理の開始から終了まで線を引いたときに一本の線で書ける、枝分かれしない処理
マルチスレッド処理の開始から終了まで線を引いたときに、枝分かれの発生する処理

似ているところ


どちらもプログラムの処理単位を表す言葉です。


違うところ


処理の枝分かれ(並行処理)が発生するかしないかの違いです。

例えば、カレー作成プログラムを作るとしましょう。
やるべき処理は

1.ご飯を炊く
2.カレーを煮込む
3.お皿に盛る


の3つです。

この処理を行う際に枝分かれが発生しないのがシングルスレッドです。
一連の処理を一つずつ順番に行います。


「シングルスレッド」と「マルチスレッド」の違い1

一方、枝分かれが発生するのがマルチスレッドです。
例えば、ご飯を炊きながらカレーを煮込んだりですね。並行処理が発生します。


「シングルスレッド」と「マルチスレッド」の違い2

個人的な使い分け


マルチスレッドにすると考慮すべきことが多くなるので、基本的にはシングルスレッドで作ります。シングルスレッドでは要件を満たせないときのみ、マルチスレッドにします。


スポンサーリンク