[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

「ODBC」と「JDBC」の違い

スポンサーリンク

予備知識


用語意味
データベースデータがそれっぽい感じに入っている箱。データのまとまり
Javaプログラミング言語の一つ

それぞれの用語の意味


用語意味
ODBCMicrosoftさんが生み出した、データベースとやり取りするための通訳
JDBCODBCのJava版

似ているところ


どちらも、プログラムとデータベースの仲立ちをしてくれる奴です。
プログラムとデータベースの間に入ることによって、各データベース間の差異を、ある程度吸収してくれます。それぞれの個性は通訳であるODBC/JDBCさんが(ある程度)吸収してくれるので、プログラムはデータベース毎の個性を(あまり)気にしなくて良くなります。


「ODBC」と「JDBC」の違い1

違うところ


役割は同じです。どんなプログラムから使うかが違います。
ODBCはWindows上で動くプログラムで使います。
JDBCはJavaで動くプログラムで使います。


備考


ODBCとJDBCは、役割は同じですが別の物です。
そのため「JavaのプログラムからJDBC経由でODBCを使って、そのODBC経由でデータベースに接続する」なんてこともできちゃいます。


「ODBC」と「JDBC」の違い2
スポンサーリンク