[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

「デグレーション」と「リグレッション」の違い

スポンサーリンク

予備知識


用語意味
デグレード「あれ?前の方が良かったんじゃね?」な状態
デグレ「あれ?前の方が良かったんじゃね?」な状態
リグレッションテスト「デグレってない?」を確認するのが目的のテスト

それぞれの用語の意味


用語意味
デグレーション「あれ?前の方が良かったんじゃね?」な状態
リグレッション「あれ?前の方が良かったんじゃね?」な状態

似ているところ


どちらも「あれ?前の方が良かったんじゃね?」な状態です。


「デグレーション」と「リグレッション」の違い1

違うところ


私はどちらも使わないので断言できませんが、おそらく使い所が違います。
デグレーションは、きっと「デグレード」を名詞形で呼びたかったのでしょう。ですから、使い所は「デグレード」と同じはずです。
リグレッションは「リグレッションテスト」以外の使い方をしているのは、見たことがありません。


個人的な使い分け


私は、どちらも使いません。
「リグレッション」は、100歩譲って「リグレッションテスト」という形で使うことがあるかも、程度です。実際には「デグレってないかのテスト」や「既存部分のテスト」といった表現を使っていますけどね。
「デグレーション」という表現は、絶対に使いません。「デグレ」か「デグレード」を使います。


スポンサーリンク