[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

「IGP」と「EGP」の違い

スポンサーリンク

予備知識


用語意味
通信プロトコル通信する上でのお約束事
ルーティングネットワーク上で行われる道案内
ルーティングテーブルネットワーク上の道案内をするときに使う地図
スタティックルーティング人間様が手動で更新する地図を使った、ネットワークにおける道案内
ダイナミックルーティング案内人同士で情報交換して勝手に更新する地図を使った、ネットワークにおける道案内
ルーティングプロトコルネットワーク上の道案内において、案内人同士で地図の情報を交換するときに使うお約束事
ASインターネットの世界における管理上の縄張り

インターネットは、あまりにも大きすぎるネットワークです。
とても一人の人間が、あるいは一つの組織が管理できる規模ではありません。


「IGP」と「EGP」の違い1

そこで、それぞれの組織は自分たちの管理できる規模のネットワークを管理します。


「IGP」と「EGP」の違い2

そして、それぞれの組織の管理するネットワーク同士が合体することで、一つのインターネットの世界が形作られているのです。


「IGP」と「EGP」の違い3

このときの「それぞれの組織の管理するネットワーク」を「自律システム(AS)」と言います。

また、インターネット上では、ルータと呼ばれる機械が道案内をしています。
データの宛先を見て、自分の持っている地図と照らし合わせて「君はあっちに行ってねー」「君はそっちだよー」と案内しているのです。
この案内のことをルーティングと言います。


「IGP」と「EGP」の違い4

案内をするとき、ルータさんは地図を見ます。
この地図のことをルーティングテーブルと言います。


「IGP」と「EGP」の違い5

さて、この道案内で使う地図ですが、ずっと同じ地図を使い続けるわけにはいきません。
道路工事とかがあって道の形が変われば、地図も更新してあげる必要があります。

この地図の更新を人間様にやってもらうのがスタティックルーティングです。
機器同士で情報交換をして、機器自身の手で地図を交換するのはダイナミックルーティングと言います。
ちなみに、インターネットの世界はダイナミックルーティングです。

そろそろ本題が近づいてきました。
ダイナミックルーティングでは機器同士で情報交換を行います。
つまり、通信が発生します。

通信をするときには、お約束事が必要です。
通信はコミュニケーションですから、お互いが同じ前提条件でもって話をしないと、会話が成り立たないのです。
この通信をするときのお約束事をルーティングプロトコルと言います。
ルーティングするときの通信プロトコルだからルーティングプロトコルです。

ここまでが予備知識です。


それぞれの用語の意味


用語意味
IGPネットワーク上の道案内において、同じ縄張りの中で地図に関する情報交換をするときに使うお約束事
EGPネットワーク上の道案内において、縄張りをまたいで地図に関する情報交換をするときに使うお約束事

似ているところ


どちらも、ルーティングプロトコルの分類を指す用語です。
道案内をするときに使う地図(ルーティングテーブル)に関する情報交換をするときに使うお約束事です。


違うところ


情報交換をする相手が違います。

IGPは同じ縄張り(AS)内にある機器と情報交換をする際に使うお約束事です。
一方のEGPは別の縄張り(AS)にある機器と情報交換をする際に使います。


「IGP」と「EGP」の違い6

備考


ルーティングプロトコルは大きく分けて「IGP(IGPs)」と「EGP(EGPs)」に分類できます。
IGP(IGPs)に分類されるルーティングプロトコルには「RIP」「OSPF」「IS-IS」「IGRP」「EIGRP」があります。EGP(EGPs)に分類されるルーティングプロトコルには「EGP」「BGP」があります。将来的にはもっと増えるかもしれません。


「IGP」と「EGP」の違い7
スポンサーリンク