[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

「スタティックルーティング」と「ダイナミックルーティング」の違い

スポンサーリンク

予備知識


用語意味
ルーティングネットワーク上で行われる道案内
ルーティングテーブルネットワーク上の道案内をするときに使う地図

それぞれの用語の意味


用語意味
スタティックルーティング人間様が手動で更新する地図を使った、ネットワークにおける道案内
ダイナミックルーティング案内人同士で情報交換して勝手に更新する地図を使った、ネットワークにおける道案内

似ているところ


どちらも、ルーティング(ネットワーク上で行う道案内)の話で登場する用語です。


「スタティックルーティング」と「ダイナミックルーティング」の違い1

違うところ


案内をするときには地図(ルーティングテーブル)を使いますが、その地図の更新を人の手で行うか機器自身が行うかの違いです。

スタティックルーティングでは、地図の更新は、人の手によって行われます。人間様が更新しない限り、情報はいつまで経っても古いままです。


「スタティックルーティング」と「ダイナミックルーティング」の違い2

一方のダイナミックルーティングでは、地図の更新は機器自身の手によって行われます。新しい道路ができたり、誰かがどこかに引っ越したりすると、仲間同士で情報交換をします。そして機器自身の手によって自動で地図が書き換えられるのです。そのため、人間様がぼーっとしていても、情報は新しいものに変わります。


「スタティックルーティング」と「ダイナミックルーティング」の違い3

備考


ダイナミックルーティングの方が人間様にとっては楽ですが、ネットワークの負荷が大きくなります。
そのため、規模の小さいネットワークや出来る限り負荷を減らしたいネットワークではスタティックルーティングにする傾向があります。逆に人の手では管理しきれないような大規模なネットワーク、例えばインターネットのようなネットワークでは、ダイナミックルーティングを採用しています。


スポンサーリンク