[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

「プッシュ型」と「プル型」の違い

スポンサーリンク

それぞれの用語の意味


用語意味
プッシュ型使う人が何もしなくてもこっちから勝手に何かをするやり方
プル型使う人からのアクションがあって、はじめてこちらも動き出すやり方

似ているところ


どちらも、やり方を表現する用語です。
マーケティングの話とかで登場します。


違うところ


押すか引くかの違いです。

プッシュ型は、使う人がぼーっとしていても、こちら側から主体的に働きかけます。
狩りに例えると、鉄砲をばんばん撃ったり、弓矢をびゅんびゅん飛ばして、獲物を狩るイメージです。


「プッシュ型」と「プル型」の違い1

一方のプル型は、使う人がぼーっとしている間はこっちもぼーっとしています。
使う人が「ねーねー、ちょっとさー」と言ってきて、はじめて「はい!なんでしょう?」と動き出します。
狩りに例えると、罠を張って獲物が引っかかるのを待つイメージです。


「プッシュ型」と「プル型」の違い2

備考


例えば、テレビなんかはプッシュ型と言えるのではないでしょうか。
電源さえ入っていれば、見ている人がぼーっとしていても、何かかにか映像や音楽が映し出されます。ぼーっとしていても情報が入ってきますよね。


「プッシュ型」と「プル型」の違い3

一方、本なんかはプル型と言えるでしょう。
読む人がページをめくらないでぼーっとしていれば、何の情報も入ってきません。読む人が主体的に動くことによって、情報を得られる媒体です。


「プッシュ型」と「プル型」の違い4
スポンサーリンク