[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

「アウトバウンドマーケティング」と「インバウンドマーケティング」の違い

スポンサーリンク

予備知識


用語意味
アウトバウンド中から外へ向かう流れ
インバウンド外から中へ向かう流れ

それぞれの用語の意味


用語意味
アウトバウンドマーケティング商品の情報やなんかをこちら側から積極的に「お届けする」マーケティングのやり方
インバウンドマーケティング商品の情報やなんかを相手から「見つけてもらう」マーケティングのやり方

似ているところ


どちらもマーケティングのやり方を指す用語です。


違うところ


押すか引くかの違いです。

積極的に獲物を追いかけて狩るのがアウトバウンドマーケティングです。
広告を出したり、業界のなんちゃら展に出展したりして「買ってよー!」「買ってよー!」「買ってよー!」と積極的にアピールします。


「アウトバウンドマーケティング」と「インバウンドマーケティング」の違い1

罠を張って待ち構えるのがインバウンドマーケティングです。
商品とは関係無いけどお客さまに役立つ情報を提供したり、自分たちの取り組みをホームページで紹介したり、お客さま自身が「あー、これが欲しいなー」と思ったときに「あっ!あのお店で買おうかな」と選んでもらうような努力します。


「アウトバウンドマーケティング」と「インバウンドマーケティング」の違い2

個人的な使い分け


私の中では、お客さまが道を歩いていたときに「こっちを見て!」と自分の方を振り向いてもらおうとするのがアウトバウンドマーケティング、「僕はここにいるよ~」とお客さまの視界にちらちら入ろうとするのがインバウンドマーケティングのイメージです。


「アウトバウンドマーケティング」と「インバウンドマーケティング」の違い3

備考


アウトバウンドマーケティングは「プッシュ型」と呼ばれるやり方です。
インバウンドマーケティングは「プル型」と呼ばれるやり方です。


スポンサーリンク