[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

「アウトバウンド通信」と「インバウンド通信」の違い

スポンサーリンク

予備知識


用語意味
アウトバウンド中から外へ向かう流れ
インバウンド外から中へ向かう流れ
通信情報を伝えること

それぞれの用語の意味


用語意味
アウトバウンド通信コンピュータやシステムから他の何かに向かって、データなりなんなりを送り付けること
インバウンド通信コンピュータやシステムが、他の何かから、データなりなんなりを受け取ること

似ているところ


どちらも通信の方向性を表す用語です。


違うところ


通信の向きが違います。

アウトバウンド通信は中から外への通信です。
つまり「発信」のことですね。


「アウトバウンド通信」と「インバウンド通信」の違い1

一方のインバウンド通信は外から中への通信です。
つまり「受信」のことです。


「アウトバウンド通信」と「インバウンド通信」の違い2

備考


「アウトバウンド通信」「インバウンド通信」という用語は、ファイアーウォールの話で、よく出てきます。


スポンサーリンク