[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

「アウトバウンドコール」と「インバウンドコール」の違い

スポンサーリンク

予備知識


用語意味
アウトバウンド中から外へ向かう流れ
インバウンド外から中へ向かう流れ

それぞれの用語の意味


用語意味
アウトバウンドコール企業やコールセンターにおいて、自分たちからお客さまやお客さま候補に対して電話を掛けること。要するに、営業電話のこと
インバウンドコール企業やコールセンターにおいて、お客さまやお客さま候補から掛かってくる電話を受けること。要するに、お問い合わせ電話対応のこと

似ているところ


どちらも電話を掛けることに関する用語です。


違うところ


どちらがどちらに掛けるかが違います。

アウトバウンドコールは、企業の中から外、つまり企業側からお客さま側に対して発信する電話です。
ぶっちゃけて言えば、営業電話ですね。


「アウトバウンドコール」と「インバウンドコール」の違い1

インバウンドコールは、企業の外から中、つまりお客さま側から企業側に対して発信する電話です。
言い方を変えると、問い合わせのお電話です。


「アウトバウンドコール」と「インバウンドコール」の違い2
スポンサーリンク