[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

「ダークファイバー」と「ライトファイバー」の違い

スポンサーリンク

それぞれの用語の意味


用語意味
ダークファイバー「使えるように準備はしてあるけど、使ってないよ」な光ファイバー(光ケーブル)
ライトファイバー「現在使ってますよ」な光ファイバー(光ケーブル)

似ているところ


どちらも光ファイバーです。
そして、使える状態になっています。


違うところ


使っているかいないかの違いです。
ダークファイバーは、取りあえず設置されているけど使っていない光ファイバーです。
ライトファイバーは、現在使っている光ファイバーです。


備考


光ファイバーを敷設するのは、結構めんどっちーのです。
そのため、実際に使う量より多めに線を用意しておくことがあります。当面使う予定が無くても、取りあえず使う準備だけしておくのです。
そうすると、使っている線と使っていない線が出てきますよね。その「使っている」「使っていない」を区別するための用語です。


スポンサーリンク