[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

「RPO」と「RTO」と「RLO」の違い

スポンサーリンク

予備知識


用語意味
ディザスタリカバリ災害対策のこと
事業継続計画災害等のなんかヤバいことが起こったときに、どうやって事業を続けるかの計画

それぞれの用語の意味


用語意味
RPO「いつ時点のデータを復旧できれば何とかなる?」の目安
RTO「どれくらいの時間で復旧できれば影響が少ない?」の目安
RLO「どこまで復旧できれば何とかなる?」の目安

似ているところ


すべて、災害対策における復旧目標値です。
何を、どれくらいの時間で、どこまで、復旧すれば何とかなるかの目安です。
ディザスタリカバリや事業継続計画の話で、よく登場します。


違うところ


対象が違います。

RPOは「何を」復旧するかです。
いつの時点のデータを復旧するかの指針であり、バックアップを取る頻度の目安にもなります。
例えば、一ヶ月に一回しか更新しないデータであれば、一ヶ月に一回バックアップを取れば支障は無いでしょう。復旧するときも、そのデータを復旧すれば業務に支障は出ません。
毎日更新するデータであれば、毎日バックアップを取る必要があります。二日以上前のデータが残っていても、抜けが出ちゃいますよね。

RTOは「どれくらいの時間で」復旧するかです。
どれくらい急いで復旧させれば業務に支障が出ないかな~から考えます。
例えば、一ヶ月に一回しかお店を開けないのであれば、のんびり復旧しても差し支えは無いはずです。
毎日お店を開くのであれば、翌日の営業開始時間までには復旧させたいですよね。

RLOは「どこまで」復旧するかです。
段階的に、どの時点でどこまで復旧させるかを決めておきます。
例えば、料理屋さんであれば、まず最優先で厨房を復旧させる必要があります。料理を作れないとお店を開けませんからね。
ですが、お客さまの座る席はどうでしょう?取りあえずは青空食堂でも良いですし、持ち帰り専門でも良いはずです。
営業開始時点までに厨房を復旧する、営業を開始してから状況を見て客席等を復旧する、と段階的に考えることができます。

RLOは、基本的にRTOとセットで登場します。
「どれくらいの時間で」「どこまで」です。


備考


RPOは、日本語で「目標復旧時点」と呼ばれます。RTOは「目標復旧時間」で、RLOは「目標復旧レベル」です。


スポンサーリンク