[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

「インフラストラクチャーモード」と「アドホックモード」の違い

スポンサーリンク

予備知識


用語意味
無線LAN無線を利用してインターネットをできるようにする仕組み
無線LANアクセスポイントパソコンさんから飛んできた無線LANの電波を受け取る機械

それぞれの用語の意味


用語意味
インフラストラクチャーモード無線LANの通信方式の一つで「無線LANアクセスポイントを介して通信しますよ」モード。普通にインターネットをするときに使う無線LANのモード
アドホックモード無線LANの通信方式の一つで「無線LANアクセスポイントを介さないで通信しますよ」モード。1対1で無線通信するときに使う無線LANのモード

似ているところ


どちらも無線LANのモードを指す用語です。


「インフラストラクチャーモード」と「アドホックモード」の違い1

違うところ


通信のやり方と用途が違います。

インフラストラクチャーモードでは、無線LANアクセスポイントを経由してやり取りします。普通に無線LANを使ってインターネットをするときに使うモードです。複数の人と同時にやり取りすることも可能です。


「インフラストラクチャーモード」と「アドホックモード」の違い2

一方のアドホックモードでは、無線LANアクセスポイントを経由せず、通信相手と直接やり取りします。例えば、昔の携帯電話では赤外線通信を使って電話番号や写真を交換していましたよね。あれに近いイメージです。相手とタイマン状態になりますので、複数の人と同時にやり取りすることはできません。相手と1:1で直接やり取りしたいときに使うモードです。


「インフラストラクチャーモード」と「アドホックモード」の違い3

個人的な使い分け


インターネットをするときはインフラストラクチャーモードです。
対象の機器と直接やり取りしたいときはアドホックモードです……が、ほとんど使ったことがありません。使い所は、パソコンとプリンタを無線で直接やり取りできるようにする場合などですかね。


スポンサーリンク