[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

「トランクポート」と「アクセスポート」の違い

スポンサーリンク

予備知識


用語意味
VLAN元々のネットワークを論理的に区切ったりまとめたりして作った「本当は違うけど、そーゆーことにしましょ」なネットワーク
スイッチネットワーク中のデータを見て行き先を振り分けてくれる機器
ポート機器との「接続口」

それぞれの用語の意味


用語意味
トランクポートVLANのお話で登場するスイッチにおいて、他のスイッチと接続するときに使う穴(接続口)
アクセスポートVLANのお話で登場するスイッチにおいて、パソコンさんと接続するときに使う穴(接続口)

似ているところ


どちらも、VLANの話で登場するスイッチの穴(接続口)です。


違うところ


接続する相手が違います。
トランクポートは、他のスイッチと接続する穴です。


「トランクポート」と「アクセスポート」の違い1

一方のアクセスポートは、パソコンさんと接続する穴です。


「トランクポート」と「アクセスポート」の違い2

……という説明が分かりやすいと思いますが、もう少し正確に書くと、複数のVLANのデータが通る穴がトランクポートで、一つのVLANのデータしか通らない穴がアクセスポートです。

例えばここに、スイッチで繋がった、物理的な2つのネットワークがあったとします。
それぞれのネットワークの名前は仮に「ネットワーク赤」「ネットワーク青」としましょう。
ネットワーク赤で使っているスイッチの名前は「スイッチα」で、ネットワーク青のスイッチは「スイッチβ」です。
ネットワーク赤にはコンピュータAとコンピュータBが、ネットワーク青にはコンピュータCとコンピュータDが所属しています。


「トランクポート」と「アクセスポート」の違い3

このネットワーク上に論理的なネットワーク(VLAN)を2つ作りました。
こちらはそれぞれ「サッカーネットワーク」と「野球ネットワーク」と呼びましょうかね。

コンピュータAとコンピュータCはサッカーネットワークに所属するコンピュータです。
コンピュータBとコンピュータDは野球ネットワークに所属するコンピュータです。


「トランクポート」と「アクセスポート」の違い4

ここでスイッチαに注目してください。スイッチαには3本の線が繋がっています。
コンピュータAに繋がっている線(線I)、コンピュータBに繋がっている線(線II)、スイッチβに繋がっている線(線III)の3本です。


「トランクポート」と「アクセスポート」の違い5

線Iの中を通るデータはサッカーネットワークに所属するデータです。
線IIの中を通るデータは野球ネットワークに所属するデータです。
線IIIの中はサッカーネットワークのデータも通りますし、野球ネットワークのデータも通ります。


「トランクポート」と「アクセスポート」の違い6

このとき、線IIIを挿している穴がトランクポートです。
サッカーネットワークと野球ネットワーク、つまり複数のVLANのデータが通ります。

線Iと線IIを挿している穴はアクセスポートです。
サッカーネットワークか野球ネットワークのどちらか片方、つまり一つのVLANのデータしか通りません。


「トランクポート」と「アクセスポート」の違い7

備考


トランクポートは「タグVLAN」のお話でよく登場します。
余裕があれば、タグVLANの解説も読んであげてください。


スポンサーリンク