[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

「POP」と「APOP」と「POP3s」の違い

スポンサーリンク

予備知識


用語意味
メールパソコンさんの世界で普及しているお手紙機能
通信プロトコル通信する上でのお約束事
暗号化見ても分からない様にデータをぐちゃぐちゃにすること
SSL通信する上でのお約束事の一つで、インターネット上で情報を暗号化して送受信するための仕組み

それぞれの用語の意味


用語意味
POP通信する上でのお約束事の一つで、メール受信に関するお約束事
APOP「POPで使うパスワードを暗号化しますよ」な仕組み
POP3sやり取りが暗号化されるようになったPOP

似ているところ


すべて、メール受信に関する通信プロトコル(通信する上でのお約束事)です。


「POP」と「APOP」と「POP3s」の違い1

違うところ


やり取りが暗号化されるかどうかが違います。

POPは、やり取りする内容が暗号化されません。
悪い人に途中で盗み見られたら、やり取りしている内容が分かってしまいます。


「POP」と「APOP」と「POP3s」の違い2

APOPは、パスワードは暗号化します。
ただし、やり取りするメールの内容は暗号化されません。


「POP」と「APOP」と「POP3s」の違い3

POP3sは、SSLの仕組みを利用することで、やり取りする内容をすべて暗号化します。


「POP」と「APOP」と「POP3s」の違い4

個人的な使い分け


POP3sを使えるならPOP3sを使います。POP3sを使えないなら、APOP、もしくはPOPです。


備考


POP3sは「POP over SSL」と表現される場合もあります。
APOPは、現在ではあまり推奨されていません。


スポンサーリンク