[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

「TSV」と「CSV」の違い

スポンサーリンク

予備知識


用語意味
テキストデータなんの装飾もされていない文字だけのデータ
タブメモ帳とかで文字を入力中に「Tab」と書かれているキーを押すと入る、スペースっぽい奴
カンマ「,」のこと
区切り文字項目を区切る目印として使う文字

それぞれの用語の意味


用語意味
TSV各項目間が「タブ」で区切られているテキストデータ
CSV各項目間が「,(カンマ)」で区切られているテキストデータ

似ているところ


どちらもテキストデータ(文字だけのデータ)です。
人間様が読んで全貌を解明できるようになっています。



「TSV」と「CSV」の違い1

また、

項目1(タブ)項目2(タブ)項目3
項目4(タブ)項目5(タブ)項目6




項目1,項目2,項目3
項目4,項目5,項目6


のように複数の項目を一行に書いていて、各項目間は区切り文字によって区切られています。


違うところ


どの文字を区切り文字として使うかが違います。
TSVはタグを区切り文字として使います。
CSVはカンマを区切り文字として使います。


個人的な使い分け


特に制約が無ければCSVを使います。TSVはほとんど使いません。
タブって、パッと見でスペースと見分けがつかないから、好きじゃないのです。


備考


TSVは「Tab Separated Values」の略で「TSV」です。
CSVは「Comma Separated Values」の略で「CSV」です。


スポンサーリンク