[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

「L2-VPN」と「L3-VPN」の違い

スポンサーリンク

予備知識


用語意味
LAN狭い範囲で作られるネットワーク
VPNなんちゃって専用回線サービス
OSI参照モデル通信機能ってどんな仕組みにするの?」ってのを整理した共通ルール
データリンク層OSI参照モデルの第2層で、直接繋がっている機器への信号の受け渡しに関するあれこれを定めたもの
レイヤ2(L2)OSI参照モデルにおける第2層「データリンク層」のこと
ネットワーク層OSI参照モデルの第3層で、目的の機器への信号の受け渡しに関するあれこれを定めたもの
レイヤ3(L3)OSI参照モデルにおける第3層「ネットワーク層」のこと

それぞれの用語の意味


用語意味
L2-VPN離れたところにあるLANとLANをくっつけて、大きなLANっぽくすること。もしくは、そのようなサービス
L3-VPNデータの通り道として(インターネット以外の)IP網を使う「なんちゃって専用回線サービス」のこと

似ているところ


どちらも、なんちゃって専用回線サービスです。実際には専用回線ではありませんが、専用回線っぽく使えるようにする仕組みです。


違うところ


どうやって、専用回線っぽく使えるようにするかが違います。
L2-VPNは、その名の通り、OSI参照モデルにおけるレイヤ2(L2)「データリンク層」に仕掛けをすることによって、専用回線っぽいことを実現します。


「L2-VPN」と「L3-VPN」の違い1

一方のL3-VPNは、OSI参照モデルにおけるレイヤ3(L3)「ネットワーク層」に仕掛けをすることによって、専用回線っぽいことを実現します。


「L2-VPN」と「L3-VPN」の違い2

備考


L2-VPNは別名「広域イーサネット」と呼ばれます。
L3-VPNは別名「IP-VPN」と呼ばれます。


スポンサーリンク