[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

「Java」と「JavaScript」の違い

スポンサーリンク

予備知識


用語意味
プログラミング言語プログラムの元ネタ(ソースコード)を書くときに使う言葉

それぞれの用語の意味


用語意味
Java「どこでも動く」の理念で作られたプログラミング言語で「オブジェクト指向」という言葉を流行らせた奴
JavaScriptホームページに動きをつけるときに使われる(簡易的な)プログラミング言語

似ているところ


どちらも、プログラミング言語です。あと名前が似ています。


違うところ


違うところというか、プログラミング言語であるという点を除けば、全然別物です。名前は似ていますが、これっぽっちも関係ありません。
「ウィンナー」と「ウィンナー・コーヒー」くらい違います。


備考


たまに「JavaScript」を省略して「Java」と表現する人がいるようですが、省略しないで呼んだ方が無難です。
「ウィンナー・コーヒーを一つ!」のつもりで「ウィンナーを一つ!」と言うようなものです。それで通じる場合もありますが、ソーセージのウィンナーが出てきて涙目になる可能性もあります。


スポンサーリンク