[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

「エンバグ」と「デグレ」の違い

スポンサーリンク

予備知識


用語意味
バグプログラムのおかしいところ

それぞれの用語の意味


用語意味
エンバグ作っているプログラムにバグを埋め込んじゃうこと
デグレ「あれ?前の方が良かったんじゃね?」な状態のこと

似ているところ


どちらも「やっちまったー!」な状態で「前の方が良かったー!」な状態です。


違うところ


同じと解釈する人もいますが、若干ニュアンスが違います。

エンバグは、単純に「バグを入れちゃったー!」です。
作っているプログラム、あるいは変更しているプログラムにバグを入れちゃったらエンバグです。解釈にもよりますが、個人的には新規作成中のプログラム(まだ未完成のもの)にバグを入れちゃうのも、エンバグであると解釈しています。
ですから、エンバグは後戻りとは限りません。状況が前に進みつつも、残念な方向に向かうことがあります。


「エンバグ」と「デグレ」の違い1

一方のデグレは「前の方が良かったー!」です。
既に出来上がっているプログラムに対する「バグを入れちゃったー!」(エンバグ)もデグレの一種ですが、それ以外にも、以前は有った機能が無くなっちゃったとかの「バグではないけど、やっちまったー!」な状態も含みます。
また、デグレは後戻りです。既にあるものに対してのみ発生します。


「エンバグ」と「デグレ」の違い2

個人的な使い分け


基本的に「エンバグ」という表現は使っていません。私自身、一瞬「ん(--?」となるので。「バグを入れちゃったー!」は「バグを入れちゃったー!」です。
「デグレ」は普通に使います。できれば使いたくない用語ですけどね。


スポンサーリンク