[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

「コンバータ」と「インバータ」の違い

スポンサーリンク

予備知識


用語意味
直流(DC)電圧の大きさや電流の向きが変わらない電気。乾電池タイプ
交流(AC)電圧の大きさや電流の向きが時間経過と共に変化する電気。コンセントタイプ

「コンバータ」と「インバータ」の違い1

それぞれの用語の意味


用語意味
コンバータ何かを何かに変換する機械やプログラム
インバータ直流(DC)を交流(AC)に変換する機械(部品)

似ているところ


どちらも電気の直流/交流を変換する機械です。
※「コンバータ」という用語自体にはもう少し色々な意味がありますが、電気の直流/交流を変換する機械も「コンバータ」と呼びます。


違うところ


何を何に変換するかが違います。
コンバータは、交流→直流、直流→直流、交流→交流、の変換を行う機械(部品)の呼称です。
一方のインバータは、直流→交流の変換を行う機械(部品)を指します。


備考


コンバータには、交流を直流に変換するAC-DCコンバータ


「コンバータ」と「インバータ」の違い2

直流を直流に変換するDC-DCコンバータ


「コンバータ」と「インバータ」の違い3

交流を交流に変換するAC-ACコンバータの三種類があります。


「コンバータ」と「インバータ」の違い4

インバータは、直流を交流に変換する機械(部品)です。
DC-ACインバータとも呼ばれます。


「コンバータ」と「インバータ」の違い5
スポンサーリンク