[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

「ルータ」と「ゲートウェイ」の違い

スポンサーリンク

予備知識


用語意味
ネットワークコンピュータがいっぱい繋がっていて、あれやこれやとやり取りできる仕組み
IPアドレスインターネットをするときにコンピュータに割り当てられる住所

それぞれの用語の意味


用語意味
ルータネットワーク中のデータ(の中にあるIPアドレス)を見て、行き先を振り分けてくれる機器。ネットワークを中継する機械
ゲートウェイ規格の違うネットワークを中継する機器

似ているところ


どちらもネットワークを中継する機械です。


違うところ


用語の適用範囲が違います。

ルータはOSI参照モデルにおける第3層「ネットワーク層」のデータ、つまりIPアドレスを見てデータの中継を行う機器です。
IPアドレスを見て「おまえはあっちに行けー」「君はこっちだよー」と振り分けます。

一方のゲートウェイは、もう少しふんわりとした意味合いの言葉です。
どんなネットワークを中継するか、どうやって中継するかは特に決まっていません。
とにかく、規格の違うネットワークを中継する機器を指す言葉です。


個人的な使い分け


ルータはルータです。機器の名称と理解しています。
ゲートウェイは、ネットワークを中継する機器全般を指す呼称との理解です。
ですから「ルータをゲートウェイとして使用する」(ルータという名前の機器をネットワークを中継するための機器として使用する)といった表現も使います。


備考


ルータは「機器そのもの」の名称、ゲートウェイは「機器の役割」の呼称と解釈すると、理解しやすいかもしれませんね。

ネットワークを中継する役割を果たす機器はすべてゲートウェイです。
その中でも、特にIPアドレスを見て中継する機器がルータです。

つまり「ルータはゲートウェイの一つである」と言えます。


スポンサーリンク