[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

「コマンドプロンプト」と「パワーシェル」の違い

スポンサーリンク

予備知識


用語意味
Windowsマイクロソフトさんが作っているOSの名前(のシリーズ名部分)
コマンドコンピュータに対する「これやれよっ」って命令

それぞれの用語の意味


用語意味
コマンドプロンプトコンピュータに詳しい人がよく使う、Windowsにくっついている黒い画面
パワーシェルWindows PowerShell」のこと。進化してパワーアップしたコマンドプロンプト

似ているところ


どちらも役割は同じです。
コマンドを打ち込んで、コンピュータさんに命令するための画面です。


違うところ


違うところというか、マイクロソフトさんがコマンドプロンプトの後継者として作ったのがパワーシェルです。
役割的には同じですが、パワーシェルの方がコマンドプロンプトよりもいろいろなことをできます。


個人的な使い分け


起動するのが何となく速いから、との理由で、基本的にはコマンドプロンプトを使っています。
パワーシェルを使うのは、バッチファイル化するときくらいですね。
「バッチファイルで処理したいけど、ちょっとやることが複雑だな~」なときはパワーシェルで作っています。


スポンサーリンク