[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

「ハイパーリンク」と「アンカー」の違い

スポンサーリンク

予備知識


用語意味
リンク点と線で構成図を書いたときの線の部分
アンカータグHTMLタグの一つで、リンクを記述するときに使うタグ

それぞれの用語の意味


用語意味
ハイパーリンクホームページとかにくっついている、押すと別の場所に移動する仕組み
アンカーホームページにくっついている、押すと別の場所に移動する仕組み

似ているところ


どちらも押すと別のところに移動する仕組みです。
ホームページ関連に限って言えば「ハイパーリンク」と「アンカー」は同じ物を指します。


違うところ


使う範囲が違います。
「アンカー」と言った場合、それはホームページ関連のリンクを指します。
一方の「ハイパーリンク」は、ホームページ関連以外、例えばExcelなんかでも登場する用語です。


個人的な使い分け


「アンカー」という表現はあまり使いません。
ホームページ関連であれば「リンク」、Excel等であれば「ハイパーリンク」という表現を使っています。
強いて言えばHTML絡みですかね。
「リンクを張りますよ」なHTMLタグは「アンカータグ」と呼んでいます。


スポンサーリンク