[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

「リンク」と「ハイパーリンク」の違い

スポンサーリンク

それぞれの用語の意味


用語意味
リンク点と線で構成図を書いたときの線の部分
ハイパーリンクホームページとかにくっついている、押すと別の場所に移動する仕組み

似ているところ


どちらも、何かと何かを繋ぐものです。
また、ハイパーリンクを省略して「リンク」と表現することも多々あります。その場合は「リンク」と「ハイパーリンク」が同じ意味になります。


違うところ


リンクは、ハイパーリンクと比較して、もう少し広い意味を持つ言葉です。
言い方を変えると「ハイパーリンクはリンクの一種である」ということになります。

リンクは「点と線で構成図を書いたときの線の部分」を意味します。
ハイパーリンクは、ホームページとホームページを繋ぐものです。
ホームページを「点」と見れば、ハイパーリンクはその点を繋ぐ「線」になりますよね。
ですから、ハイパーリンクはリンクの一種です。


個人的な使い分け


ホームページ関連で登場するハイパーリンクは「リンク」と表現しています。IT関連に強くない方は、その方がイメージしやすいようなので。
ホームページ以外、例えばExcelのハイパーリンクなどは「ハイパーリンク」と表現しています。メニューにも「ハイパーリンク」って書いてありますからね。


スポンサーリンク