[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

「デバイスCAL」と「ユーザCAL」の違い

スポンサーリンク

予備知識


用語意味
サーバサービスや機能を提供する側のコンピュータ
Windowsマイクロソフトさんが作っているOSの名前(のシリーズ名部分)
CAL「うむ、お前さんはサーバの機能を使って良いぞよ」な権利
ライセンス「そのソフト、使っていーよ」な権利。もしくは「どこまでやっていーよ」な権利

それぞれの用語の意味


用語意味
デバイスCALWindowsサーバのCALの種類で「使う端末(コンピュータ)の数を基準に考えますよ」なCAL
ユーザCALWindowsサーバのCALの種類で「使う人の数を基準に考えますよ」なCAL

似ているところ


どちらもWindowsサーバのCALです。「Windowsサーバを使って良いですよ権利」ですね。


違うところ


例えば「5CAL」と言った場合は「5人まで使って良いですよ」を表しますが、何を持って一人と数えるかが、デバイスCALとユーザCALでは違います。
デバイスCALは、使う端末の数を基準にして数えるやり方です。
一方のユーザCALは、使っている人の数を基準にして数えます。

例えば、ピヨ太君が一人で2台のパソコンを使って、サーバの機能を使ったとしましょう。


「デバイスCAL」と「ユーザCAL」の違い1

デバイスCALの場合は、使う端末の数を基準にして数えます。
サーバの機能を使っているのは2台なので、2CAL必要です。


「デバイスCAL」と「ユーザCAL」の違い2

一方、ユーザCALの場合は、使う人の数を基準にして数えます。
サーバの機能を使っているのはピヨ太君一人なので、1CALで大丈夫です。


「デバイスCAL」と「ユーザCAL」の違い3

備考


マイクロソフトさんの説明によると

人の数 < コンピュータの数

であればユーザCALを、

人の数 > コンピュータの数

であればデバイスCALを買った方が、お得なのだそうです。
少ない方を基準に数を数えるようにすれば、お金を節約できるってことですね。

ただし「人の出入りが多くて人数の増減が激しい」「近々、パソコンをいっぱい買う予定だ」などの個別の事情も考慮してくださいね。


スポンサーリンク