[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

「バイト」と「オクテット」の違い

スポンサーリンク

予備知識


用語意味
ビット0か1が入っている箱

それぞれの用語の意味


用語意味
バイト「普通は」8ビット。0か1が入っている箱が8個ある状態
オクテット「必ず」8ビット。0か1が入っている箱が8個ある状態

似ているところ


どちらも、8ビットを指す単位です。


違うところ


バイトは「普通は」8ビットです。最近は見かけませんが、環境によっては

1バイト=7ビット

の場合や

1バイト=9ビット

の場合もあります。
オクテットは「必ず」8ビットです。どんな環境でも

1オクテット=8ビット

を表します。


個人的な使い分け


「オクテット」に馴染みが無い人も多いので、普段は「バイト」を使っています。厳密な表現を求められる場合は「オクテット」を使いますが、滅多にありません。本当に稀です。厳密な意味で8ビットを表現したい場合、あるいは専門家ぶりたい人は「オクテット」を使えば良いと思いますが、普通に暮らしている分には「バイト」を使っておけば大丈夫です。


備考というか偏見


「オクテット」を普段使いする人は本当の専門家か専門家ぶりたいエセ専門家のどっちかで、コンピュータにあまり詳しくない人に対して「オクテット」を使う人は9割方エセ専門家だと、個人的には思っています。あなたがコンピュータ関係にあまり詳しくないのに「オクテット~」とか言われたのであれば「あぁ、この人は覚えたての知識を使って専門家ぶりたかったのね」と優しく見守ってあげてください。


スポンサーリンク