[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

「アポストロフィ」と「シングルクォーテーション」の違い

スポンサーリンク

それぞれの用語の意味


用語意味
シングルクォーテーション『’』のこと
アポストロフィ『’』のこと

似ているところ


どちらも『’』のことです。
Windows用のキーボードを例に挙げると、Shiftキーを押しながら数字の「7」を押すと入力されます。


「アポストロフィ」と「シングルクォーテーション」の違い1

違うところ


見た目は同じですが、意味合いは違います。
アポストロフィーは省略記号で、シングルクォーテーションは引用符です。


個人的な使い分け


プログラミング関連で出てきた場合は「シングルクォーテーション」と呼びます。
プログラミング関連で出てくる「'」は、ほぼ間違いなく引用符ですからね。
「アポストロフィー」とは呼びません。

といいますか、よく考えたら、お仕事において「'」を「アポストロフィー」と呼んだことはないかもしれません。
出版業界とかですと違うのでしょうが、IT関連において「'」は「シングルクォーテーション(もしくは、シングルクォート)」です。


スポンサーリンク