[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

「PPPoE」と「PPPoA」の違い

スポンサーリンク

予備知識


用語意味
通信プロトコル通信する上でのお約束事
LAN内輪なネットワーク
イーサネットLANに採用されている通信規格
PPP2点間で仮想的に専用の経路を確立し、データ送受信するための通信プロトコル
ATM通信する上でのお約束事の一つで、1本の回線を複数の仮想回線に分割し、そこを流すデータは全部53バイト(48バイトのデータ+5バイトのヘッダ情報)にぶった切って送受信しますよ、なやり方

それぞれの用語の意味


用語意味
PPPoEイーサネット上でPPPを使うためのお約束事
PPPoAATM(Asynchronous Transfer Mode)上でPPPを使うためのお約束事

似ているところ


どちらも、PPPを使います。


「PPPoE」と「PPPoA」の違い1

違うところ


PPPが合体する相手が違います。
PPPがイーサネットと合体したのがPPPoEです。


「PPPoE」と「PPPoA」の違い2

PPPがATM(Asynchronous Transfer Mode)と合体したのがPPPoAです。


「PPPoE」と「PPPoA」の違い3

備考


「PPPoE」「PPPoA」の「o」は「over」を表します。
「PPP over Ethernet」を省略して「PPPoE」、「PPP over ATM」を省略して「PPPoA」です。
もしお時間に余裕があるのであれば、コラム「「○○ over ××」の秘密」をご覧ください。


スポンサーリンク