[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

「ディレクテッド・ブロードキャストアドレス」と「リミテッド・ブロードキャストアドレス」の違い

スポンサーリンク

予備知識


用語意味
IPアドレスネットワーク上の住所
ブロードキャストアドレス「俺に送ってくれたら皆に配達しますよ」なIPアドレス

それぞれの用語の意味


用語意味
ディレクテッド・ブロードキャストアドレス「○○ネットワークにある全部のコンピュータ!」な指定のブロードキャストアドレス
リミテッド・ブロードキャストアドレス「今自分がいるネットワークにある全部のコンピュータ!」な指定のブロードキャストアドレス

似ているところ


どちらもブロードキャストアドレスです。そいつに送ると、ネットワーク内のすべてのコンピュータにお届けしてくれます。


「ディレクテッド・ブロードキャストアドレス」と「リミテッド・ブロードキャストアドレス」の違い1

違うところ


ディレクテッド・ブロードキャストアドレスは、2進数で表したときに「どのコンピュータですよ~」な部分が全部「1」のIPアドレスです。例えば「192.168.1.255」などですね。
一方のリミテッド・ブロードキャストアドレスは、2進数で表したときに全部「1」のIPアドレスです。要するに「255.255.255.255」のことです。

ディレクテッド・ブロードキャストアドレスは「指定されたネットワーク」に対するブロードキャストアドレスです。例えばディレクテッド・ブロードキャストアドレスが「192.168.1.255」だとすると「192.168.1.」で始まるネットワーク内のすべてのコンピュータにお届けしてくれます。
一方のリミテッド・ブロードキャストアドレスは「自分が今いるネットワーク」に対するブロードキャストアドレスです。自分が今いるネットワーク内のすべてのコンピュータにお届けしてくれます。

ディレクテッド・ブロードキャストアドレスはルータ越えが可能です。
リミテッド・ブロードキャストアドレスはルータ越えが制限されています。


スポンサーリンク