[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

「クラスフルアドレッシング」と「クラスレスアドレッシング」の違い

スポンサーリンク

予備知識


用語意味
IPアドレスネットワーク上の住所
サブネットマスクIPアドレスのどこからどこまでが「どのネットワークですよ~」な情報で、どこからどこまでが「どのコンピュータですよ~」な情報かを示す情報
アドレスクラスIPアドレスの分類方法の一つで、IPアドレスを2進数に直したときの最初の方を見て、クラスAからクラスEまで分類するやり方

アドレスクラスについて補足しておきます。
アドレスクラスは「すべてのIPアドレスはクラスA~Eのどれかに分類されちゃうよ~」な考え方です。
IPアドレスを2進数に直したときの、最初の方の値によって、そのIPアドレスがどのクラスに所属するかが判断されます。
具体的には、以下通りです。

クラスA:0xxxxxxx.xxxxxxxx.xxxxxxxx.xxxxxxxx
クラスB:10xxxxxx.xxxxxxxx.xxxxxxxx.xxxxxxxx
クラスC:110xxxxx.xxxxxxxx.xxxxxxxx.xxxxxxxx
クラスD:1110xxxx.xxxxxxxx.xxxxxxxx.xxxxxxxx
クラスE:1111xxxx.xxxxxxxx.xxxxxxxx.xxxxxxxx

※「x」は0か1の数字



「クラスフルアドレッシング」と「クラスレスアドレッシング」の違い1

そして、クラスによってサブネットマスクの値が決まっています。
つまり、IPアドレスを見ればどのクラスか分かり、どのクラスか分かればどのサブネットマスクを使うべきかが分かるようになっているのです


それぞれの用語の意味


用語意味
クラスフルアドレッシング「アドレスクラスの考え方に従いますよ」なIPアドレスの管理方式
クラスレスアドレッシング「アドレスクラス?気にしない気にしない♪」なIPアドレスの管理方式

似ているところ


どちらもIPアドレスの管理方式を表す用語です。


違うところ


アドレスクラスの考え方に従うのがクラスフルアドレッシングです。
アドレスクラスなんて知ったことか!なのがクラスレスアドレッシングです。


備考


2015年2月現在は、クラスレスアドレッシングの方が主流です。


スポンサーリンク