[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

「ペイントソフト」と「ドローソフト」の違い

スポンサーリンク

予備知識


用語意味
グラフィックソフト画像や図形などのいわゆる「絵」を編集するときに使うソフト
ビットマップ形式データを「座標と色」で覚えておく画像形式
ベクタ形式画像や文字のデータを「向きや長さ」で覚えておくデータ形式

それぞれの用語の意味


用語意味
ペイントソフトビットマップ形式の画像を編集するときに使うグラフィックソフト
ドローソフトベクタ形式の画像を編集するときに使うグラフィックソフト

似ているところ


どちらもグラフィックソフトです。画像を編集するときに使います。


「ペイントソフト」と「ドローソフト」の違い1

違うところ


扱う画像の形式が違います。

ビットマップ形式の画像を扱うグラフィックソフトが「ペイントソフト」と呼ばれます。
Windowsに標準でくっついている「ペイント」や「Adobe Photoshop」などが有名です。


「ペイントソフト」と「ドローソフト」の違い2

一方、ベクタ形式の画像を扱うソフトは「ドローソフト」と呼ばれます。
こちらは「Adobe Illustrator」などが有名です。


「ペイントソフト」と「ドローソフト」の違い3

個人的な使い分け


写真などの画像を加工するときは「Adobe Photoshop」(ペイントソフト)を使っています。
気合を入れてイラストを作ったりするときは「Adobe Illustrator」(ドローソフト)です。
ちなみに、わわわIT用語辞典の本文内に載せているイラストはすべてWindows標準の「ペイント」で描いています。
あくまでイラスト要素はおまけなので、お手軽さ重視です。


備考


グラフィックソフトというカテゴリの中にドローソフトとペイントソフトの2種類があるイメージです。


「ペイントソフト」と「ドローソフト」の違い4
スポンサーリンク