[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

「マルチタスク」と「シングルタスク」の違い

スポンサーリンク

予備知識


用語意味
タスクコンピュータさんがやるべきお仕事の処理単位
マルチ複数(2つ以上)
シングル1つ

それぞれの用語の意味


用語意味
マルチタスク「いろんなお仕事を並行してやれますよ!」のこと
シングルタスク「一度にできるお仕事は一つだけで~す」のこと

似ているところ


どちらもお仕事のやり方を表す用語です。


違うところ


同時にやる(やれる)お仕事の数が違います。

マルチタスクと言った場合は「複数のお仕事を並行してできますよ」の意味です。
ご飯を食べながらマンガを読んだり、プログラミングをしながら電話応対したりできます。
器用なのです。


「マルチタスク」と「シングルタスク」の違い1

一方のシングルタスクは不器用さんです。
一度にできるお仕事は一つだけ。並行して複数のお仕事をすることはできません。


「マルチタスク」と「シングルタスク」の違い2
スポンサーリンク