[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

「フルバックアップ」と「増分バックアップ」と「差分バックアップ」の違い

スポンサーリンク

予備知識


用語意味
バックアップぶっ壊れたり失くしたときの備えとして同じ物を複製して保管しておくこと

それぞれの用語の意味


用語意味
フルバックアップ「全部のファイルをバックアップしますよ~」なバックアップのやり方
増分バックアップ「前回バックアップしたときと違うファイルだけをバックアップしますよ~」なバックアップのやり方
差分バックアップ「ある時点を基準にして、それ以降に変更されたファイルだけをバックアップしますよ~」なバックアップのやり方

似ているところ


すべて、バックアップのやり方を示す用語です。


違うところ


どのファイルをバックアップするかが違います。
例えば、コンピュータの中のファイルが

1月1日:ファイルA
1月2日:ファイルA、B
1月3日:ファイルA、B、C、D
1月4日:ファイルA、B、C、D、E


だけあったとしましょう。

フルバックアップはすべてのファイルをバックアップします。
一日一回フルバックアップを取ったとすると、バックアップされるファイルは

1月1日:ファイルA(フルバックアップ)
1月2日:ファイルA、B(フルバックアップ)
1月3日:ファイルA、B、C、D(フルバックアップ)
1月4日:ファイルA、B、C、D、E(フルバックアップ)


となります。
その日の段階で存在するすべてのファイルがバックアップされていますね。

一方、増分バックアップは、前回バックアップしたときから変更のあったファイルや新しく出来たファイルのみをバックアップします。
1月1日にフルバックアップ、1月2日以降に一日一回増分バックアップを取ったとすると、バックアップされるファイルは

バックアップ1月1日分:ファイルA(フルバックアップ)
バックアップ1月2日分:ファイルB(増分バックアップ)
バックアップ1月3日分:ファイルC、D(増分バックアップ)
バックアップ1月4日分:ファイルE(増分バックアップ)


となります。
前日までの時点でバックアップされていないファイルがバックアップされていますね。

最後に、差分バックアップは、前回のフルバックアップ or 増分バックアップから変更のあったファイルや新しく出来たファイルをバックアップします。
1月1日にフルバックアップ、1月2日以降に一日一回差分バックアップを取ったとすると、バックアップされるファイルは

バックアップ1月1日分:ファイルA(フルバックアップ)
バックアップ1月2日分:ファイルB(差分アップ)
バックアップ1月3日分:ファイルB、C、D(差分アップ)
バックアップ1月4日分:ファイルB、C、D、E(差分アップ)


となります。
1月1日に取ったフルバックアップに含まれていないファイルがバックアップされていますね。


「フルバックアップ」と「増分バックアップ」と「差分バックアップ」の違い1

個人的な使い分け


定期的にフルバックアップを取り、その間を補完するするために増分バックアップを取るのが好みです。
例えば月一回フルバックアップを取り、週一回増分バックアップを取るとかですね。

ただし「あ~、フルバックアップ取っておかないとな~。でも時間がな~」というときは、前回のフルバックアップが残っているときに限り、差分バックアップを取ってお茶を濁します。


備考


差分バックアップの説明で「前回のフルバックアップ or 増分バックアップから変更のあったファイル」と書きましたが、普通は前回のフルバックアップが基準になります。
Windowsの場合、理屈上は増分バックアップを取ったときも基準になるのですけどね。意味がないので増分バックアップと差分バックアップはあまり組み合わせません。


スポンサーリンク