[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

「主記憶装置」と「補助記憶装置」の違い

スポンサーリンク

予備知識


用語意味
記憶装置データを記録しておく媒体
メモリパソコンさんが作業するときに使う机
CPUパソコンさんの脳みそ
ハードディスクファイルなどのデータ保管場所

それぞれの用語の意味


用語意味
主記憶装置CPUさんが直接読み書きできる記憶装置。メモリ
補助記憶装置主記憶装置以外の記憶装置。ハードディスクとかCD-Rとかフロッピーディスクとか

似ているところ


どちらも記憶装置(データを記録しておく媒体)です。


違うところ


CPUさんと直接やり取りできるかが違います。
主記憶装置は直接CPUさんとやり取りできます。皆さんに馴染みのある呼び名でいえば「メモリ」って奴です。
一方の補助記憶装置はCPUさんと直接やり取りができません。メモリ以外の記憶装置、ハードディスクやCD-Rなどを指します。CPUさんとやり取りしたいときは一度主記憶装置(メモリ)さんにデータを渡して、主記憶装置さんとCPUさんの間でやり取りしてもらいます。


「主記憶装置」と「補助記憶装置」の違い1
スポンサーリンク