[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

「ビッグエンディアン」と「リトルエンディアン」の違い

スポンサーリンク

予備知識


用語意味
データ判断材料になる何か
ビット0か1が入っている箱
バイト8ビットのこと
エンディアン2バイト以上のデータをメモリ上に展開したりどっかに転送するときの「バイト単位で見たときのデータの並び順」

それぞれの用語の意味


用語意味
ビッグエンディアンデータをバイト単位で配置する際のやり方の一つで「最初のバイトからデータを並べる」やり方
リトルエンディアンデータをバイト単位で配置する際のやり方の一つで「最後のバイトからデータを並べる」やり方

似ているところ


どちらも、データの並べ方を表す用語です。

例えば4バイトのデータ「00000001 00000010 00000100 00001000」があったとします。

このデータを(例えばメモリ上に)並べて置く際には

1つめ:00000001(1バイト目)
2つめ:00000010(2バイト目)
3つめ:00000100(3バイト目)
4つめ:00001000(4バイト目)


のように最初から並べて置く方法と

1つめ:00001000(4バイト目)
2つめ:00000100(3バイト目)
3つめ:00000010(2バイト目)
4つめ:00000001(1バイト目)


のように最後から並べて置く方法があるのです。


違うところ


データの並べる順番が違います。
ビッグエンディアンは、データをそのまま「最初から順番に」並べます。
データ「00000001 00000010 00000100 00001000」があったとしたら

1つめ:00000001(1バイト目)
2つめ:00000010(2バイト目)
3つめ:00000100(3バイト目)
4つめ:00001000(4バイト目)


のように最初から並べて置くやり方です。


「ビッグエンディアン」と「リトルエンディアン」の違い1

一方のリトルエンディアンは、データを「最後から逆順に」並べます。
データ「00000001 00000010 00000100 00001000」があったとしたら

1つめ:00001000(4バイト目)
2つめ:00000100(3バイト目)
3つめ:00000010(2バイト目)
4つめ:00000001(1バイト目)


のように最後から並べて置くやり方です。


「ビッグエンディアン」と「リトルエンディアン」の違い2
スポンサーリンク