[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

「DNSコンテンツサーバ」と「DNSキャッシュサーバ」の違い

スポンサーリンク

予備知識


用語意味
IPアドレスインターネットをするときにコンピュータに割り当てられる住所
ドメイン名IPアドレスに付けた人間様向けの名前
DNSIPアドレスとドメイン名の紐付けをしまっせシステム
DNSサーバIPアドレスとドメイン名の紐付けを管理したり、IPアドレスとドメイン名の変換を行ってくれるサーバさん

パソコンさんはIPアドレスしか分かりません。
ドメイン名を見せられても「う~ん、どこの住所だろう」と困ってしまいます。

「DNSコンテンツサーバ」と「DNSキャッシュサーバ」の違い1

一方、人間様はIPアドレスがピンときません。
例えば「198.51.100.1」と「198.51.100.10」と「198.51.100.11」の違いなんて、パッと見で分かりませんよね。
うっかりミスも増えそうです。

「DNSコンテンツサーバ」と「DNSキャッシュサーバ」の違い2

そのため、コンピュータさんはコンピュータさんが分かりやすい形式の住所(IPアドレス)、人間様は人間様が分かりやすい形式の住所(ドメイン名)を扱えるような仕組みがあります。
具体的には、事前にIPアドレスとドメイン名の対応付けを行っておいて、必要に応じて変換するのです。

「DNSコンテンツサーバ」と「DNSキャッシュサーバ」の違い3

このIPアドレスとドメイン名を変換してくれる仕組みをDNSと言います。
変換のお仕事を生業にしているサーバさんはDNSサーバです。

「DNSコンテンツサーバ」と「DNSキャッシュサーバ」の違い4

さて、このDNSサーバさんですが、大きく分けて二種類あります。

一つは、自分の管理している情報を教えてあげるのがお仕事のDNSサーバさんです。
自分の中にIPアドレスとドメイン名の対応表を持っていて、問い合わせに対して「あー、そのIPアドレスはこのドメイン名だね~」「そのIPアドレスはこのドメイン名だよ~」と答えてあげます。対応表に載っていなければ「知らないな~」と答えます。

「DNSコンテンツサーバ」と「DNSキャッシュサーバ」の違い5

もう一つは、どんな手を使おうともお問い合わせに答えてあげるのがお仕事のDNSサーバさんです。
問い合わせがあると、答えを知っていそうなDNSサーバさんに「ねーねー。こんな問い合わせが来たんだけど、答え教えてよ」と訊きに行きます。言わばカンニング野郎ですね。

「DNSコンテンツサーバ」と「DNSキャッシュサーバ」の違い6

今回登場するのは、この二つのDNSサーバさんです。


それぞれの用語の意味


用語意味
DNSコンテンツサーバ自分の管理している情報を教えてあげるのがお仕事のDNSサーバ
DNSキャッシュサーバ他のDNSサーバさんに答えを教えてもらいに行くDNSサーバ

似ているところ


どちらも、DNSサーバさんです。


違うところ


・DNSコンテンツサーバは自分の管理している情報を教えてあげます。DNSキャッシュサーバは答えを探してきて教えてあげます。
・DNSコンテンツサーバは、答えが分からないと諦めます。DNSキャッシュサーバは、答えが分からないときは、他のDNSサーバさんに訊きに行きます。


「DNSコンテンツサーバ」と「DNSキャッシュサーバ」の違い7

個人的な使い分け


自分で特定の情報を管理していてそこに答えが載っていないと諦めるDNSサーバが「DNSコンテンツサーバ」、手段を選ばず答えを探してくるDNSサーバが「DNSキャッシュサーバ」と解釈して、使い分けています。


備考


パソコンさんからの問い合わせを受け付けるのは、一般的にDNSキャッシュサーバです。DNSコンテンツサーバさんはDNSキャッシュサーバからの問い合わせを受けて、自分の管理している範囲内で回答します。
前後の文脈次第ではありますが、普通に「DNSサ-バ」と言った場合は、DNSキャッシュサーバを指すことも多いです。


スポンサーリンク